日本平和委員会HPコンテストの優秀賞を戴いて



日本平和委員会HPコンテスト?優秀賞を戴いて

   町田平和委員会HP管理人
当町田平和委員会のHPが、2005年の日本平和委員会全国大会におけるHPコンテスト?で優秀賞を戴きました。

ついこの間までHPとも縁遠かったものが、HPのもつ無限の可能性に触れながら、楽しみ、苦しみながら打ち込んできたことへのお褒めの意味であり、これからも頑張れよという激励の言葉として、ありがたく頂戴いたします。ありがとうございました。 論評をまだ伺っておりませんが、町田特集★MACHIDA町田のまわりの米軍基地〜〜横須賀の空母母港化について〜(など56本) や、町田市原爆被害者の会(町友会)編「未来への伝言」の掲載で「地域」の問題を取り上げたことや、安保・憲法・教育基本法・その他★(和英両文など合計86本掲載)や資料関係へのアクセスで、資料的にも「役に立つ」ものを、と考えてきたことなどが評価されたものかと考えています。

 それにしても、HPがもつ可能性がこれほど大きいとは、夢にも思いませんでした。全国的にも発信できるし、地域でも思わぬつながりができ、他の市民運動をやっておられる方の憲法の本を紹介もできました。アクセスは新旧掲示板をふくめ合計2万を越しました。

 中でも、市内におられる被爆者の、被爆体験をまとめられた「伝言」の掲載をさせていただき、「使える」核兵器をぶら下げて全世界に挑戦しているブッシュ先制攻撃戦略など、今日の核問題をあらためて考えることにもなりました。

 当HPでは、当初はあったのですが、現在写真もなくまだ音も出ませんが、デジタル・ビデオ・カメラで被爆者の証言をいただき、それを「掲載」しよう、など野心はあります。

「NPT」参加者(町田から四名)や科学者会議のご協力を得ながら、横須賀に核空母は要らない!という運動に合流します。厚木の騒音問題も、横須賀母港が原点ですから。

 せっかくの機会ですから、全国の平和委員会のみなさんに、ぜひHPをもつよう、提言させていただきます。実は一度、日本平和委員会の平和新聞再編論議で投稿した事があります。最近、某市の民主団体がパソコン教室を開いたら、けっこう集まったそうですね。パソコンに触れられないからHP解説は時期尚早だという場合は、こうした企画がいいのでは?HPが運動をせばめる、というのは偉大な誤解です。

 そこは若者の活躍の場です。団塊の世代も入り込み、市民団体との交流が広がるでしょう。憲法を守れの運動に、核と安保についての柱で支えていくことになると確信します。

 1,000枚のチラシを配布するのは大変でお金もかかります。これは必要で、決してやめてはいけません。同時に、配らずに済み、不特定の方に読んでいただけて、無料というチラシを、ず〜っと展示できる武器を、ぜひ日本平和委員会のまずは県単位の組織と、基地をかかえる組織が立ち上げることを、提唱します。三沢さん、横田さん、厚木さんなどに。

 自分のところのHPの体裁などに眼もくれず、あつかましくお褒めの言葉を活用させていただきました。これからもブログをふくめて、あ〜だこ〜だとやって参ります。どうぞ、暖かく強烈なご指導ご鞭撻とカキコのほど、よろしくお願いいたします。





SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO