『更新塚』

since November 15, 2004

9月22日更新
特集=町田と戦争に
町田への集団疎開
9月23日更新
特集に
ポツダム宣言受諾に関連して(1)

○10月

10月9日更新
(参考資料)都留重人『日米安保解消への道』

11月

11月1日ハーグ平和アピール 公正な世界秩序のための10の基本原則
○11月10日国連軍地位協定(日本国における国際連合の軍隊の地位に関する協定)
「秘 無期限」と記された「日米地位協定の考え方」と題する政府文書の存在と公開
に関する質問主意書
在沖米海兵隊とアメリカの海外基地見直しに関する質問主意書
   提出者  照屋寛徳


11月12日憲法九条は実際に役に立っているのか?一橋大学教授の渡辺治さんの講演より
■国連軍地位協定と日米安保条約第十条■
資料(1)2004年の沖縄県議会・高嶺善伸議員=護憲ネットワークの質問
資料(2)翫正 敏参議院議員の「在朝鮮国連軍に関する(再)質問主意書 」<

資料(3) 『国会審議から防衛論を読み解く』前田哲男・飯島滋明 編著 より 11月16日
●国連軍地位協定(日本国における国際連合の軍隊の地位に関する協定)(和英)
11月17日
相次ぐ横田基地軍用機の事故

海洋法に関する国際連合条約(国連海洋法条約)(抜粋)(和英)
11月19日
事務総長の告示(国連部隊による国際人道の遵守)

(参考)『平和憲法の創造的展開―総合的平和保障の憲法学的研究』
11月20日
米韓相互防衛条約(アメリカ合衆国と大韓民国との間の相互防衛条約)

11月21日
○横須賀の米核空母配備はいらない。母港化をやめ厚木の騒音解消を
11月24日
●ともに戦術を発展させ、ともに訓練し、合同作戦を行えるようにすることだ
ファイス米国防次官

11月27日
日・米物品役務相互提供協定(ACSA)の付表2の修正に関する書簡の交換について
11月29日
《市政情報課で販売している刊行物》
町田市議会への請願制度


○12月

12月2日
もう一基が8月19日に・核兵器年表
12月4日
100デシベル以上が68回(本庁舎屋上)
■6月、9月議会より■
■藤田議員による騒音の防音工事助成への対策を求めた質問
■共産党殿村議員の米軍機飛行訓練の中止を求めた質問
■社民・ネット今村議員による在日アメリカ軍再編に関する質問
■石井恵子議員による非核平和都市に関する質問

町田市新庁舎建設基本構想は防衛施設庁等からの補助金20億を計上
12月7日
その額5千億円以上とも聞く。それでも騒音は消えない。
▼いわゆる岩国移転について▲
「騒音のたらい回し」ではない形で--岩国市長
12月10日
▼大和市議会議事録を(防音工事)で検索▲
▼横須賀の空母母港化に関する年表▲

12月12日
○キャンプ座間への米第1軍司令部移転は・ん・た・い

○「キャンプ座間への米陸軍第1軍団司令部等移転反対決議」に関する議会請願の結果について
12月13日
横須賀で原子力防災訓練

爆音状況は横須賀中央駅頭に掲示を
わずか248万円の基地返還等対策費
核汚染は首都圏全体に
さらに明確になった母港化当時の約束違反
艦載機の騒音被害が広がる
12月15日
「反核と平和」長尾正良(新日本新書)
東奥日報  〜三沢基地40年目の真実〜
何時本国帰還の笛を---朝鮮戦争
12月19日
大和市史研究(WEB版)に見る町田・自由民権運動など
戦時下の小山国民学校
図師に学童疎開をしていた品川区立鈴ヶ森国民学校の児童
12月20日
(参考資料) RESOURCES FOR ORGANIZING
破壊される多摩丘陵
衰退する農業
日本国憲法の発布
進駐軍専門の勤労者を募集
12月21日
核兵器の不拡散に関する条約
藤沢市議会における騒音問題の質疑より
12月22日
藤沢市の防音工事区域指定など
「解かれた核の封印」
Web東奥(東奥日報)のトップページ
三沢基地に関する特集はこちら
「解かれた核の封印」
12月23日
映画「草の乱」2月5日町田上映
12月25日
町田古宮杜司男市議の自由民権関連質問・市側答弁
長村敏明市議の騒音問題の質疑・応答

2005年1月

1月9日
英語で抗議をシャベリオー!ねっ!
1月13日
市長からの回答
1月16日
(決議)米空母艦載機によるNLPの中止を求めます
1月18日
We demand halt to NLP with carrier aircraft at Atsugi
吉田・アチソン交換公文に関する交換公文
1月20日
アメリカに「日本を防衛する」義務はなかった
1月22日 ■「ミッドウェー」の横須賀の駐留はほぼ三年(国会議事録より)
1月23日
キティーホークの事故
1月24日
中共や北鮮が日本に攻めてくるという、
そういうことが万一あるのですか。

1月25日
1971年の国会で「次は北朝鮮、また朝鮮半島の問題である」とやり取りがあった
第一の歯どめは憲法の制約
1月26日
「そのような趣味は持ち合わしておりません」海部首相が答えた。
1月28日
横須賀基地の犯罪防止対策
吉田・アチソン交換公文
「被ばく医療マニュアル」
1月31日
「東京に大震災や空襲がないとは予測できない」色川大吉さん

(2月の分は改築中に紛失しました)

3月
3月13日
米空母キティー・ホークの事故
3月14日
上瀬谷「艦隊作戦統制センター」建設計画
3月30日
一体、どうやって1200万人を避難させるの?
転載) Hahei-Check Official Homepageより



4月
4月3日
米軍基地外での合衆国軍用航空機事故に関するガイドライン(外務省仮訳)(和英)
4月10日
米海兵隊の犠牲者数
4月19日
Home pages with English version--(1)
町田選出都議(予定候補)の平和(防衛)関係政策(第一次)

日本共産党 むろや友英都議候補
民主党真木茂都議
自由民主党都議会議員吉原修氏
公明党こいそ善彦都議
4月25日
さてこれはどこの国の議会の決議か?

5月

町田市の市民グループ「平和・市民・町田」の
小冊子『ちょっと待った! 憲法「改正」』のホームページ

わたしの語りつづけたいこと--軍国少年、広島、戦後五十年
5月16日
未来への伝言/昭和二十年八月六日の日記
5月17日
第二三〇師団輜重隊の広島被爆救援活動
5月18日
広島原爆体験記
「未来への伝言」
5月18日
広島原爆体験記(1)~(7=最終回)更新塚に
5月25日
決して忘れることのできないこと、訴えたいこと
5月26日
思い出すたびに涙・・・
5月26日
独りだけの死は怖いよ
5月27日
ヒロシマで見た生き地獄
5月28日
ぜひ伝えておきたいあの時の光景


6月

日本平和委員会HPコンテストの優秀賞を戴いて
6月5日
「未来への伝言」の転載にあたって
6月10日
横田高校の爆弾予告はガセネタ
6月15日
「戦争を語り継ごう −リンク集−」
6月16日
「私録 自衛隊史」から
6月19日
「ノーモア ヒロシマ・ナガサキ国際市民会議」へのリンク
6月24日
紹介『佐伯宗義と自民党』
6月27日
八王子で「原爆被爆 60年 私たちの証言」を発行

7月

7月16日
7.16被爆60周年・町田平和行進アピ−ル
平和行進中のコール
町田市教委は青年会議所の靖国神社「遊就館」ツァーの「後援」を止めよ
7月21日
「あの戦争は、アメリカが日本に仕掛けた戦争だった」といってはばからない「歴史教科書」を、絶対に採択してはならない。
7月27日
横須賀の米艦に核兵器--72年当時
空母母港化にも核密約適用--73年当時

7月28日
厚木関係記事--成田空港から郷土とくらしを守る会のHPより 8月

8月2日
厚木基地関係7市が7月13日に政府などに提出した要望
(参考資料)町田市議会の米軍機による事故再発防止に関する意見書
砂袋誤投下事故抗議要請書
8月8日
十万票ももらって、 騒音問題を取り上げない?
8月22日
(参考資料) 前自民党衆議院議員関係
「その力を発揮していただかなかったために問題が
先送りされてきた」



9月



10月

10月1日
<基地対策のあゆみ>について
<基地対策のあゆみ>より--治安--
10月4日
基地対策のあゆみ--事故-
基地対策のあゆみ--住宅、埋立
埋立--<続き>
10月13日
基地対策のあゆみ--核持ち込み・密約


10月18日
米民間人の前では「第7艦隊は日本防衛のため」
というセリフなど一言もない

日米安全保障共同宣言(和英)
11月

11月1日
(和英対照)在日米軍再編:中間報告
11月3日
基地再編協議は「同盟変革」のプロセスである
――ローレス米国防副次官の証言

11月9日
署名のお願い

11月19日
■原子力空母の横須賀配備に反対するこれだけの理由(1)
ハンス・クリステンセン
「空母--原子力の限界」より

12月

■原子力空母の横須賀配備に反対するこれだけの理由(2)

12月7日
■原子力空母の横須賀配備に反対するこれだけの理由(3)
12月8日
■「共用化と横田基地の未来」と「核と横田基地の過去」と
12月10日
■これだけの(4)
ハワイ沖の1969年1月の、恒例の作戦準備視察の最中に、
エンタープライズは重大事故にまきこまれた。

●町田市長選挙に関する特別決議
12月21日
米太平洋空軍司令部土木部隊
フランク・J・デスタディオ大佐の証言(抄訳)



2006年
1月

1月8日
●ただちに犯人引き渡しを求めます--町田平和委員会理事会決議
1月13日
キャンプ座間の自衛隊一部使用について国と市で締結した覚書
1月31日
●ヨーロッパかアジアから直接送るより合衆国から送る方が、
作戦や配備計画上何らリスクがないだろう



2月


2月27日
横浜防衛施設局局長と座間町長と交わした 確認書

3月

●こどもの国と戦争--大貫のり夫 ジャーナルより
3月6日
■岩国市民のみなさんへ--住民投票の成功を願って
3月7日
■国有財産管理法(全文)
3月9日
■自治庁 日本国憲法改正国民投票法案(抄)
3月28日
■昭和46年12月の大和市長及び綾瀬町長(当時)
への通知文書補遺

4月
4月2日
■熊沢あやり市議(自民党)の質問と市側の答弁
4月2日
■「厚木飛行場に係る関係自治体からの質問及び国側回答の要旨について」の全文
4月16日
■米軍相模総合補給廠の再編強化の中止を求めます
4月21日
■住民説明会日程表
5月
5月1日
■基地対策のあゆみ--放射能(汚染)関係
5月3日
■基地対策のあゆみ--環境--
5月11日
■町田市が米軍機による騒音の軽減を求める要請
5月18日
●<タウンニュース(町田版)の説明会関連記事
●「米陸軍キャンプ座間の一部、相模補給廠」
●耐えがたい騒音をこれ以上撒き散らさないで下さい。
NLPの中止を求めます。

5月22日
●厚木基地、アメリカ大使館への抗議先はこちら
5月26日
●原子力空母の横須賀基地への配備に関する質問主意書(赤嶺政賢)および答弁書
5月29日
●再編実施のための日米のロードマップ
6月
6月4日
●傷病及び死亡の外因,Y36戦争行為
●「極めて予備的な基本計画」
6月15日
●2006年3月議会佐藤洋子市議(共産)の質問
6月16日
●谷沢和夫(民主党・社民ネット)市議の質問
6月17日
●宮坂けい子(公明)市議の騒音防止対策に関する質問
●熊沢あやり(自由民主党)市議の質問
6月21日
●佐藤洋子市議(日本共産党)の質問
6月23日
●千歳市議会における在日米軍再編問題についての協議
6月23日
●日米防衛協力のための指針(旧ガイドライン)
6月26日
●爆音賠償 米が拒否
34億円 日本肩代わり

6月30日
●合衆国原子力軍艦の安全性に関するファクトシート(和英)

7月
>The Japan-U.S. Alliance of the New Century
●新世紀の日米同盟(和英)

7月7日
●米朝共同コミュニケ(和英)
7月19日
●蒲谷亮一横須賀市長への要請文
7月22日
町田における米軍機墜落事件の参考資料

■空母の追加配備で懸念される厚木基地の爆音


8月
8月3日
■米原子力空母「カールビンソン」寄港に関する質問主意書・答弁書
■米空母「ミッドウェー」改修に関する質問主意書と答弁書
8月21日
■横須賀港を母港としないよう働きかけていかなくてはいけない
◎綾瀬市長(笠間城治郎君)

9月
9月7日
■要請文を松沢成文・神奈川県知事あて送付いたしました。
■在韓米軍施設が「核査察受け入れ方針」
9月9日
■町田市国民保護協議会条例
町田市国民保護対策本部及び町田市緊急対処事態対策本部条例


10月
10月30日
市・都の厚木基地への要望と回答(2006.10)

11月
11月13日
自民党政調会長, 外務大臣の核武装論議容認発言に抗議し、
罷免を要求する

航空機騒音に関する町田市議会の意見書
11月17日
佐世保基地の弾薬補給所における火災への対応に関する
質問主意書と政府答弁

11月20日
第1回町田市民自治学校の平和分科会(レジメ)(1)
11月25日
「海軍航空母艦--通常型空母と原子力空母についての
コスト効果」

12月
12月3日
東南アジアにおける友好協力条約
12月20日
「もう一つの日本の安全保障政策 ------
もしも安斎育郎が総理大臣になったらこうする」

12月22日
原発の危険から国民の安全を守ることに関する質問主意書
2007年1月3日
夜間・休日の町田市役所への電話
1月29日
原子力空母母港化に関する横須賀市市長,市議会議長への要請文

2007年

1月

2月
2月2日
“補給廠で迎えた終戦”−−日本共産党の元衆院議員
石母田達さんの「激動を走り抜けた八十年」より。

2月9日
米軍基地前の魚 骨まがり8割弱
2月14日
米軍横田基地の再編問題について (文書質問趣意書)
2月16日
在沖縄海兵隊司令部のグアム「移転」及び
「米軍再編」に伴う 財政負担に関する質問主意書

3月
3月14日
陸軍幼年学校が空襲で焼けて
3月22日
全国基地問題ホームページ一覧
NO BASE ACTION @ JAPANをリンクに

3月27日
「有楽町ビラまき事件」判決文(ほぼ全文)
4月

4月24日
駐留軍等の再編の円滑な実施に関する特別措置法案に関する赤嶺質問
5月

5月2日
2007日米安全保障協議委員会共同発表(和英両文)
5月6日
「米軍機騒音工事の指定区域外」にお住まいのみなさんへ
5月11日
憲法研究会「憲法草案要綱」
5月24日
★アメリカ版の広告計画--勝利を決定的にする方法
5月25日
<これが日本防衛?>------
横須賀を母港とする米軍の空母は何をやってきたか。(1)


6月
6月5日
「日本防衛」主任務にあらず 
6月6日
NHKテレビの受信料の免除について-谷沢和夫議員の質問

7月

7月31日
ワシントンポスト紙広告(慰安婦強制否定)に署名した国会議員たち

8月

8月12日
●一味違う厚木基地ガイド
厚木基地って、いつまであるの?


9月


9月5日
●社民党谷沢市議の質問(07年6月議会)
9月23日
●テロ対策特別措置法の速やかな廃止を求めます

10月


10月6日
●米軍横田空域の返還に関する質問並びに答弁書
10月8日
●都議会議事録より<横田基地>と<空域>で検索-(1)
10月15日
●北朝鮮問題に関する第六回六者会合第2セッションの共同声明
11月
●原子力空母配備計画と港内の浚渫工事
●「米軍は日本の空域のわずか10パーセントしか使っていない」
●「軍軍民」関係(参考資料)
11月5日
●米軍ジェット機墜落事件で町田市の青山市長が
記録集に残した言葉

11月15日
●この駆逐艦は何のために伴航していたのだ
軍隊は民間人を守らない、もう一つの例

●厚木基地に使われた「幻」の松代大本営のズリ
11月23日
●在日米軍駐留経費負担特別協定
11月30日
●在日米軍横田基地の再編に関する質問主意書
●「米空母艦載機の厚木基地から岩国基地への移駐」
に伴う騒音問題に関する質問主意書
12月


12月1日
●在日米軍横田基地の軍民共用化等に関する質問主意書
12月2日
●環境原則に関する共同発表
●JEGS 廃棄物等の処理及び環境調査に関する質問主意書
●武装国家の実現を--石橋湛山
12月5日
●米軍基地に関する「日本環境管理基準」に関する質問主意書
●横田飛行場の「軍民共用化」に関する質問主意書
12月7日
●在沖米軍の訓練水域及び空域縮小による漁場確保等に関する質問主意書
12月19日
●キャンプ座間への米陸軍第一軍団司令部の配備に抗議する
12月23日
●核事故対処能力リスト
訓練地域にしないで運輸省の管轄に
7月3日
●町田米軍機墜落事故について
7月12日
●吉田首相「朝鮮の非武装化というのはどうですかね。」
8月24日
●厚木基地周辺8市の米軍機墜落事故は
昭和27年から43年間に207件

9月21日
●にやにや笑いながら阻止
12月31日
4月6日付赤旗記事より
●墜落事件の顕彰等
●「アイアム・マチダシティ・キャプテン!」 2008年

1月

2月

3月

4月

5月

6月

1月2日
●嘉手納ラプコンの返還に関する質問主意書
1月12日
●軍隊と住民---立川・横田基地裁判を中心に
--米国を相手に日本の裁判所で争えないか

4月1日
●厚木の騒音の根っこ--「横田エリア」について
5月24日
●「環境」や「空域」で、基地撤去に迫る< 7月

8月

9月

10月

11月

12月


2009年

5月21日
●オバマ大統領のプラハ演説(英和対照)
●「空母艦載機の移駐等に関するご意見への回答」
●町田市が都内で11番目の平和自治体首長に
●相原の航空神社
連合艦隊司令部を玉川学園に!
●要請結果と要請内容
●社民党の谷沢議員の厚木基地問題に関する質問
2010年

1月

2月

3月

4月

5月

6月

7月

8月

9月

10月

11月

12月



SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO