自民党政調会長, 外務大臣の核武装論議容認発言に抗議し、罷免を要求する

中川自民党政調会長、麻生外務大臣の相次ぐ核武装論議容認発言に抗議し、
罷免を要求する

2006年11月12日 町田平和委員会

 貴職が自民党総裁として任命した中川昭一自民党政調会長、内閣総理大臣として任命した麻生太郎外務大臣が、核武装論議を容認する発言を繰り返していることに対し、厳しく抗議します。  我々はこれまでもこの発言の撤回を求めてきましたたが、両者が国内外の批判を無視して、その発言を続けていることは重大です。

 貴職は、これらの発言に対し、「非核3原則を守っていくということは、閣僚も党の幹部も意見は一致している」等と言って、問題視しない立場を表明しています。

 しかし、その発言は、核武装を現実の選択肢として議論をすることを容認する立場に立つものです。
 こうした立場の発言を、政府与党の政策責任者や政府の外交責任者が行なうことは、被爆国日本が非核3原則を投げ捨てて核武装するとの疑念を、世界に与えるものであり、断じて許されません。
 これを事実上放置している貴職の責任も極めて重大です。

 なぜならば、国際社会が、平和的・外交的努力で北朝鮮の核兵器計画を放棄させようと一致協力している時、こうした日本政府・自民党幹部の発言は、むしろ北朝鮮の危険な選択を擁護・激励するばかりでなく、国民の安全・日本の真の利益とも全く相容れないものだからです。

 被爆国日本政府のやるべきことは、史上最悪の非人道的無差別殺りく兵器である核兵器を廃絶する立場に立って、非核3原則を堅持し、各国に核兵器開発と核兵器保有の放棄を求めることです。核武装を論議する余地など、まったくありません。

 我々は、被爆国日本政府の立場と相容れない、核武装容認発言を繰り返す両名を、貴職の責任で罷免することを要求するものです。

町田平和委員会理事会 代表理事 皆越宰




町田平和委員会トップページへもどる



SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO