新機種で舗装路は

厚木基地に配属されるスーパーかどうかは未確認だが、
FA−18ホーネットについて、舗装路がいたみ易いため強化している、という報道がある。’98年のもの。
High Temperature Pavements
の中で、FA−18につけた補助パワーユニット(APU)からの排出物と流出液体の混合により、急速に飛行場の舗装路が破損する。米海軍オセアナ飛行場で野外、3つの駐機場で耐爆風コンクリートの耐久性をテストした。新しい舗装路は従来に比べ4倍の長期的使用に耐えるだろう。テスト結果は成功で、2001財政年度にオセアナ基地にさらに6つ、補助駐機所がもうけられよう。

概略以上の通り。
この時点で、従来から生産されていたホーネットにより舗装路に過重負担がかかるという
わけではあるまい。さらに重量が増した新機種の問題を扱っているとすれば、
それだけの怪物が厚木に飛来し、飛行距離をのばし、腹にもっと爆弾を抱えて(ミサイルを積んで)次の標的に向かう、ということか。

いずれにせよ、半端な対応で済まされる状況では
なくなってきたのではあるまいか。

SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO