参考資料(公明都議質問)

平成14年 第2回定例会 
【一般質問】6月19日(水)


小磯 義彦(公明党)

米軍厚木基地のジェット機騒音問題

 @ 米軍厚木基地のジェット機の騒音は、長年、町田市民を苦しめてまいりました。町田市内の固定調査地点での騒音レベルを示す、
うるささ指数は七六で、環境基準を超えております。
 私は、日米安保の必要性を否定するものではありませんが、厚木基地周辺は都市化が進み、住宅地域のど真ん中にあることを考えると、
米軍機の訓練飛行は、住宅密集地への墜落事故を懸念される上、米軍戦闘機の爆音被害は、善良な市民の感情を逆なでしております。
特に、米空母「キティーホーク」が横須賀港に入港すると、計器誘導着陸訓練が町田市の上空でたびたび行われ、電話の声やテレビの
音が聞き取れず、幼児に恐怖感を与え、市民生活に大きな被害が出ています。
 こうしたことから、東京都と町田市は、平成九年度から共同で関係機関への要請活動を行い、本年二月にも、厚木海軍航空施設司令官あてに、
騒音対策として、低空飛行の禁止、低騒音型の機種の使用などの要望書を提出しましたが、回答は一切なかったと仄聞しております。
 石原都知事は、昨年十一月、基地問題に関連して、防衛施設庁や外務省を通すのは、交渉のプロセスとしておかしい、現地の市長
あるいは知事が直接交渉をすると、物によっては打てば響く返事が返ってくると、強い姿勢を示されました。私は、この発言に大いに
期待するものであります。ぜひとも米軍厚木基地の騒音問題に関して、米軍と直接交渉を行い、解決への道筋をつけていただきたい
のでありますが、アメリカに対してもイエス、ノーをはっきり発言される知事の明快な所見を伺います。
 A 現状の防音工事区域の見直しを行い、騒音被害対策を拡充すべきであると考えますが、都の見解を伺います。

知事 @ 神奈川県に位置する厚木基地から発進する航空機の騒音の対策については、東京都はかねてから地元の町田市と連携して、
国や米軍に要請をしてまいりました。この五月には、東京都でも以前から廃止要請をしてきましたデモンストレーションフライトについては、
今後は行わないという米軍からの連絡もございました。
 今後とも、町田市とともに、騒音対策について米軍に直接働きかけていきたいと思います。
 先ほどおっしゃいましたように、横田の問題で都が要請して参与に迎えました、私の古い友人の高瀬教授が、現地の、時々かわるん
ですけれども、司令官と歴代話してまいりまして、特に、去年の三多摩を想定した災害訓練で、横田の基地を使用したいということで話
しているうちに、もう一々外務省や防衛庁を通してくださらなくて結構だと。基地の司令官の権限があるんで、もう一々通さなくてもいい
から直接話してくれという向こうからの申し出がありまして、これはもう格好なる申し出でありまして、それから、そういう窓口をあけました。
 それで、実際にあそこで訓練をやったわけでありますが、米軍も非常にそれを歓迎してくれましたし、司令官はその後転任しましたが、
非常にいいことをしたといって、本部からも褒められたそうですけれども、そういう報告が出ますと、何にもしなかった外務省が、これは
自分たちがあっせんして東京が要するに成功したと、ばかな報告を書いている。
 ですから、これから、国ももちろん動かす必要はございますけれども、現地の問題は、お互いに諮り合って、直接現地の司令官に会談を
申し込んで、いろんな具体的な相談をしたいと思っております。
 NLP、ナイト・ランディング・プラクティスは、実は非常にあちこちにご迷惑をかけていまして、私、議員時代に、三宅島に移そうということ
だったんですが、現地の強烈な反対があり――ちょっと持っていき方が粗暴に過ぎまして、私はちょっと批判的だったんですが、運び方が
乱暴で、挫折をいたしました。ならば硫黄島でいいじゃないかということを、私も再三申してきているんですが、硫黄島はとにかく何にもない
から嫌だというんですね、米軍は。夜泊まっても、泊まるところしかなくて何にもないということで、その気持ちもわからないではありません
けれども、いずれにしろ、横田でのNLPは、これは強く要請して、今後行わないということになりました。
 そういう点で、これからも時に応じて直接、市とも連携しながら、町田市とも連携しながら、神奈川県とも連携しながら、申し込みをして
いきたいと思っております。

環境局長 A 住宅防音工事区域は、法に基づき、騒音レベルが七五WECPNLを超える区域につきまして、国が指定し、防音工事の
助成措置を講ずることになっております。
 町田市につきましては、昭和五十九年に市の一部が区域指定されておりますが、都の調査によりますと、現在、区域外の幾つかの
地点でこの基準を超えております。
 東京都は、これまでも国に対しまして対象区域の拡大を提案要求してまいりましたが、町田市の航空機騒音のこのような現状を
踏まえまして、基地騒音問題に責務を有します国に対しまして強く働きかけてまいります。

3月21日  「厚木基地の航空機騒音を止めて!」−。
こいそ善彦は、東京・新宿区内の防衛施設庁を訪れ、伊藤康成長官に対し、「厚木基地での離着陸訓練中止に関する要望書」を約15000人の署名簿とともに提出しました。こいそ善彦は、「航空機騒音は、町田市民の悩みのトップに挙がるようになり、もはや我慢の限界を超えている」と強調。特にNLPについては、硫黄島の艦載機着陸訓練施設で行うという原則を守り、厚木基地では一切中止するよう米軍への一層の働きかけを呼びかけました。防衛施設庁は機会あるごとに米側と折衝していくと述べました。同じく東京都庁にも要望書を届けて来ました。 (了)

SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO