町田への集団疎開

町田への集団疎開

 帝国政府は昭和18年9月21日、学童の疎開方針を決め、翌19年6月30日に
13市で実施した。9月までに20万人が疎開したという。
三多摩に疎開したのは、主に品川区の学童である。

町田市域への疎開受け入れ先は次の通り

鶴川村 学童数
妙福寺 16人 三輪町 811 http://holyweb.hp.infoseek.co.jp/myohukuzi.html
安全寺 36人 大蔵町 1859
千手院 20人 小野路町 2057 http://holyweb.hp.infoseek.co.jp/ziin%20sensyu.html
万松寺 28人
慶性寺 16人

忠生村
福昌寺 19人
長慶寺 46人
円福寺 20人
大泉寺 59人
養樹院 37人

町田町
浄雲寺 29人
妙延寺 24人
養運寺 19人
宏善寺 20人

南村
東雲寺 56人
福寿院 31人
公会堂 38人
円成寺 44人

境村
宝泉寺 35人
福生寺 30人
長泉寺 56人

計21学寮に689名が疎開してきた。
「町田市史下巻」958ページより




町田平和委員会トップページへもどる



SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO