要請結果と要請内容

2009/10/14 (Wed) 11:01:37

8月21日の要請結果と要請内容は以下の通りです。



平成21年8月21日
記者発表資料
県政・厚木・相模原・大和・藤沢・記者クラブ,町田記者会 同時発表)
        恒常的訓練施設の早期選定等に係る要請について
 恒常的訓練施設の早期選定等について、神奈川県及び厚木基地周辺9市の首長と議長等で構成する厚木基地騒音対策協議会(会長 松沢成文神奈川県知事)では、本日、次のとおり、外務省及び防衛省に対し要請しましたのでお知らせいたします。

1 要請内容
別紙のとおり。
【別紙】(PDFファイル:101KB)


2 要請先及び要請結果
 神奈川県総務部参事及び基地対策課長並びに構成市の基地対策担当課長等が、外務大臣及び防衛大臣あての要請書をそれぞれ外務省、防衛省に持参。

外務省日米安全保障課日米地位協定室
古郡徹 課長補佐

○ 要請内容については、大臣、その他しかるべき関係者に伝える。
○ 恒常的訓練施設の選定については、防衛省との緊密な連携の下、在日米軍再編のロードマップに従った着実な実施に向け、鋭意努力をしている。

防衛省地方調整課移設整備室
遠藤正志 室長

○ 要請内容については、大臣に伝える。
○ 恒常的訓練施設については、現時点で設置場所を特定している状況にはないが、米側の運用上の所要や騒音等の環境への影響を考慮の上、鋭意日米間で作業を進めている。
○ 艦載機の移駐は、訓練施設の選定が条件となっているものではなく、2014年に間に合うよう、前提となる施設整備や訓練空域及びレーダー進入管制空域の調整を進めている。
○ 移駐及び恒常的訓練施設の選定については、可能な限り、適時、適切な情報提供に努める。

(参考)
周辺9市:
大和市、綾瀬市、藤沢市、茅ヶ崎市、相模原市、海老名市、座間市、横浜市、町田市


問い合わせ先
神奈川県総務部基地対策課
金子、太田
電話(045)210−3371・3375
-----------------------------------------------

神奈川県トップページ記者発表資料トップページ

別 紙
恒常的訓練施設の早期選定等について(要請)

在日米軍再編協議において、平成18(2006)年5月に合意されたロードマップでは、空母艦載機の恒常的訓練施設を平成21(2009)年7月又はその後のできるだけ早い時期に選定することが目標とされていますが、これについては、これまで何ら具体的な情報提供がされていません。

ロードマップにおいては、恒常的訓練施設の整備が空母艦載機移駐の前提条件とはされていないものの、厚木基地を抱える地元自治体としては、訓練施設選定の遅れが移駐自体のスケジュールに影響を及ぼすことを懸念しています。

また、移駐実現後も、恒常的訓練施設が整備されるまでは、空母艦載機の夜間離着陸訓練(NLP)は引き続き硫黄島で実施するとされていることから、天候等の理由によっては、厚木基地を含む本土でNLPが実施されることなども考えられ、移駐後の厚木基地への空母艦載機飛来についても懸念するところです。

こうしたことから、神奈川県及び厚木基地関係各市は、恒常的訓練施設の選定について、重大な関心を持っており、早期の選定を求めるとともに、その見通しについて、速やかに情報を提供するよう要請します。

平成21年8月21日
外務大臣 中曽根 弘 文 殿
防衛大臣 浜 田 靖 一 殿

厚木基地騒音対策協議会
(会長)
神奈川県知事 松 沢 成 文
大和市長 大 木 哲
綾瀬市長 笠 間 城治郎
藤沢市長 海老根 靖 典
茅ヶ崎市長 服 部 信 明
相模原市長 加 山 俊 夫
海老名市長 内 野 優
座間市長 遠 藤 三紀夫
横浜市長職務代理者 横浜市副市長 金田 孝之
町田市長 石 阪 丈 一






町田平和委員会トップページへもどる



SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO