相次ぐ横田基の軍用機事故



5月6日に発生した米軍機Cー130の部品落下事故は、横田基地から約22qの地点、埼玉県比企郡玉川村、鳩山町熊井及び泉井の付近に、直径60cm、長さ90cmの第1エンジンのテールパイプが落下した

▼8月10日午後7時頃、米原子力空母ジョン.Cステニスの艦載機S3バイキングが硫黄島の北方約70qの付近で墜落

▼8月19日午前10時前、横浜市のみなとみらい地区にあるヘリポート付近に米軍ヘリが不時着した。けが人はない
という。(共同通信一部抜粋)
その後独自の調査で、次のことがわかった。(19日12:30)

    ヘリは大島から横田基地へ戻る途中にエンジントラブルを起こし、9時57分、みなとみらい地区の臨港パークにある暫定へリポートに不時着したらしい

▼8月21日(土)午後1時過ぎ、横田基地友好祭のパラシュート降下デモンストレーション飛行中、C-130機左側面の扉から降下予定隊員が誤って自分の着用していたヘルメットを落下させた

▼11月2日午前10時40分ごろ、米空軍横田基地所属のヘリコプターUH1Nが静岡県沼津市我入道の海岸近くのグラウンドに緊急着陸

http://www.asahi-net.or.jp/~uj7m-my/topic4.htm
などより






SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO