捜査協力の強化等に関する日米合同委員会合意

捜査協力の強化等に関する日米合同委員会合意

2004(平成16)年4月2日の日米合同委員会では、2003(平成15)年6月以降行われてきた日米地位協定の下での刑事裁判手続に関する日米交渉の結論として、
日米間の捜査協力の強化等に関する合同委員会合意(仮訳・英語版)(PDF)を作成した。
全文は以下の通り。

Joint Committee Agreement
on Measures to Strengthen Investigative Cooperation
and to Facilitate Smooth Implementation
of the Joint Committee Agreement
on Criminal Jurisdiction Procedures
of October 25, 1995
捜査協力の強化及び1995年10月25日の刑事裁判手続きに関する
日米合同委員会合意の円滑な運用の促進のための措置に
関する日米合同委員会合意

1. As a measure to strengthen investigative cooperation between the authorities of Japan
and the military authorities of the United States with regard to an offense over which the right to exercise jurisdiction is concurrent, the authorities of Japan will permit, upon request, a US command representative to be present at interrogation of an accused when:
1.日本国の当局は、裁判権を行使する権利が競合する犯罪に関する日本国の当局と合衆国の軍当局との間の捜査協力を強化するための措置として、以下の場合に、要請に基づき、合衆国軍司令部の代表者が被疑者の取調べに同席することを認める。

(1) the authorities of Japan believe Japan may request the transfer of custody of the
accused prior to indictment in accordance with the Joint Committee Agreement on
Criminal Jurisdiction Procedures of October 25, 1995 (hereinafter referred to as the
 (1)日本国の当局が、1995年10月25日の刑事裁判手続きに関する日米合同委員会合意(以下「1995年合同委員会合意」という。)に基づく被疑者の起訴前の拘禁の移転を日本国が要請する可能性があると認める場合。

(2) custody of the accused has been transferred to Japan prior to indictment in accordance
with the 1995 Joint Committee Agreement.
 (2)1995年合同委員会合意に基づき、日本国に対し被疑者の起訴前の拘禁の移転が行われた場合

2. The military authorities of the United States will designate a person who has authority
to carry out an investigation into the offense as a US command representative referred to in
paragraph 1 and will inform the authorities of Japan of the designation.
2.合衆国の軍当局は、1にいう犯罪についての捜査を行なう権限を有する者を1にいう合衆国軍司令部の代表者として指名し、その指名につき日本国の当局に通報する。

(外務省仮訳)
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/usa/sfa/kyoutei/pdfs/17_06.pdf




町田平和委員会トップページへもどる



SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO