「公正な世界秩序のための10の基本原則」

Ten fundamental principles for a just world order



ハーグ平和アピール市民社会会議
Hague Appeal for Peace Civil Society Conference

The Hague Appeal agenda demands ten fundamental principles for a just world order:

 ハーグ平和アピール市民社会会議(Hague Appeal for Peace Civil Society Conference, May 11-15,1999)は、会議を終えるにあたって、会議中の討議をとりまとめる「10の基本原則」を発表した。「公正な世界秩序のための10の基本原則」は以下のとおりである。

1.各国議会は、日本国憲法第9条のような、政府が戦争をすることを禁止する決議を採択すべきである。
  1.Every Parliament should adopt a resolution prohibiting their government from going to war, like the Japanese article number nine.

2.すべての国家は国際司法裁判所の強制管轄権を無条件に認めるべきである。
  2.All States should - unconditionally - accept compulsory jurisdiction of the International Court of Justice.

3.各国政府は、国際刑事裁判所規定を批准し、対人地雷禁止条約を実施すべきである。
  3.Every Government should ratify the ICC and implement the Landmines Treaty.

4.すべての国家は「新しい外交」を取り入れるべきである。「新しい外交」とは、政府、国際組織、市民社会のパートナーシップである。
  4.All states should integrate the New Diplomacy, which is the partnership of governments, international organizations and civil society.

5.世界は人道的な危機の傍観者であることはできない。しかし、武力に訴えるまえにあらゆる外交的な手段が尽くされるべきであり、仮に武力に訴えるとしても国連の権威のもとでなされるべきである。
  5.The world cannot be bystanders to humanitarian crises; every creative diplomatic means possible must be exhausted before resorting to force, then under United Nations authority.

6.核兵器廃絶条約の締結をめざす交渉がただちに開始されるべきである。
  6.Negotiations for a Convention Eliminating Nuclear Weapons should begin immediately.

7.小火器の取引はきびしく制限されるべきである。
  7.The trade in small arms should be severely restricted.

8.経済的権利は市民的権利と同じように重視されるべきである。
  8.Economic Rights must be taken as seriously as civil rights.

9.平和教育は世界のあらゆる学校で必須科目であるべきである。
  9.Peace education should be compulsory in every school in the world.

10.「戦争防止地球行動(Global Action to Prevent War)」の計画が平和な世界秩序の基礎になるべきである。
  10.The plan for the Global Action to Prevent War should become the basis for a peaceful world word.

http://village.infoweb.ne.jp/~fwkh0237/Hague.htm

SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO