武器輸出三原則

防衛庁長官がハーグで廃止を打ち出した
武器輸出三原則は次の通り。

次の三つの場合には武器輸出を認めないという政策をいう。
(1)共産圏諸国向けの場合
(2)国連決議により武器等の輸出が禁止されている国向けの場合
(3)国際紛争の当事国又はそのおそれのある国向けの場合
    The export of arms shall be prohibited to:
    Communist bloc countries
    Countries to which the export of arms is prohibited under UN resolution
    Countries involved in or likely to become involved in international conflict.
           [佐藤総理(当時)が衆院決算委(1967.4.21)における答弁で表明]




町田平和委員会トップページへもどる



SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO