アメリカの隣国・カナダのミサイル防衛構想拒否

「我々は主権国家であり、許可を得ずに領空を侵犯してはいけない」-------
領空通過の事前許可要求、ミサイル防衛構想拒否のカナダ

トロント――米国のミサイル防衛構想への不参加を発表したカナダのマーティン首相は25日、米国がカナダ上空を通過するミサイルを発射する場合、カナダの事前許可が必要との考えを示した。記者団に、「我々は主権国家であり、許可を得ずに領空を侵犯してはいけない」と語った。AP通信が伝えた。

カナダの駐米大使が、構想不参加に関連し、「事実上、主権を放棄しており、米国がミサイル迎撃の決定を下した場合、かやの外に置かれる」旨の談話に触れて、述べた。

これに対し、野党は、ミサイルが現実に飛んできた場合、米国がカナダに許可を求める時間的余裕があると考えるのは馬鹿げている、と首相を批判している。

ミサイル防衛構想をめぐっては、首相は当初は支持を表明。しかし、世論調査で国民の多数が反対しているとの結果が出ると、姿勢を転換した。調査結果では、カナダ国民の多くは、ミサイル防衛構想は軍拡競争につながりかねないとしている。

米国とカナダは共同の防空組織である北米航空宇宙防衛司令部(NORAD)を持っている。
2005.02.26
Webpostedat: 16:49 JST
- CNN/AP
--------------------------

この、アメリカの隣国のミサイル防衛構想拒否、それだけでなく
領空通過の事前許可要求は、
ミサイル防衛計画そのものを
成り立たなくさせるのではないだろうか?

迎撃ミサイルが命中するかどうか、という(重大な)技術的問題以前に、
同盟国からそっぽを向かれ、構想が足元から崩れはじめたのではないか?

ひるがえって、日本政府はどうだろうか?

「我々は主権国家であり、許可を得ずに領空を侵犯してはいけない」
と堂々と(当たり前のことなのだが)言えるだろうか。

そうした要求をのべる権限を、1国の政府として持っていると
断言できる自民党政治家はおそらくいないだろう。

むしろ、アメリカ本土を守るために、発射(前、初期)段階から
ミサイル防衛を発動させますよ。それも現場指揮官の判断で。
という方向に
自衛隊法が変えられようとしている。

これはもう、半世紀以上も米軍基地を自由自在に使わせてきて、
自主的政治判断を下す必要性も感じず、その力も失せた
主権国家たることを放棄した政治屋たちが
ミサイル防衛をもてあそんでいる。

そう思えてならない。

北朝鮮が必要以上に米軍からの脅威をあおり、
アメリカが必要以上に北朝鮮の核・ミサイル開発を強調していまいか。

東アジアで北朝鮮の「脅威」が消えるならば、
アメリカの軍事基地網の存在意義が大きく問われざるを得ないからだ。
ここに、日本が、9条をもつ主権国家として、
核問題でも、北朝鮮問題でも国際貢献できる領域がある、
そう言えるのではないだろうか。








SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO