1950年からの37年間に、米軍がらみで
少なくとも61件核関連事故が起きている


原子爆弾の歴史より
米原子力潜水艦、原子力空母、核積載機の事故(原子炉をふくむ)
http://homepage1.nifty.com/koarashi/frame_hoby.htm
より

1950年から1986年までの37年間に、
すくなくとも61件の核関連の事故(商業用をのぞく)が起きている。
つまり、毎年1.65件の事故が発生したことになる。

内訳は、爆撃機、攻撃機、輸送機など航空機関連が最大で、33件。
次いで母艦をふくむ(原子力)潜水艦がらみで、14件。
ミサイル(サイロをふくむ)関係が5件。
原子炉が2件。
貯蔵庫が2件。
空母が3件。
そしてトラックと工場が1件ずつである。

この年表をみて、原子力空母は安全だ、というアメリカ政府の宣伝をうのみに
する人がいるだろうか。

 1950. 2.13
【米】 B-36 爆撃機 核兵器を投棄
(カナダ沖太平洋上で故障, 3,000m上空から投棄,高性能火薬爆発)

 1950. 4.11
【米】 B-29 爆撃機(核兵器搭載)山に激突
(ニューメキシコ州マンザノ基地,高性能火薬爆発,核物質は搭載されていたが未挿入,乗員 13名死亡)

1950.7.13
【米】 B-50 爆撃機(核兵器搭載)墜落
(オハイオ州,高性能火薬爆発,核物質未搭載,乗員 16名死亡)

 1950. 8. 5
【米】 B-29 爆撃機(核兵器搭載)墜落
(カリフォルニア州フェアフィールド基地を離陸後,高性能火薬爆発,グアム派遣機,12名死亡,この事故のため計 9個の原爆がグアムに送られた)

 1950.11.10
【米】 B-50 爆撃機 核兵器を投棄
(米国外の海上で緊急事態,核物質を抜き 3,000m上空から投棄,高性能火薬爆発)

 1956. 3.10
【米】 B-47 爆撃機(核兵器搭載)墜落
(地中海上空,空中給油に失敗)

 1956. 7.27
【米】 B-47 爆撃機が英国空軍基地の核兵器収納庫に墜落
(サフォーク州レイカンヒース空軍基地,長崎型核爆弾 3発類焼)

 1956. 8
【米】 原子力潜水艦「シーウルフ号」ナトリウム漏れ事故発生
(コネティカット州グロトンの造船所,潜水艦用動力源としてナトリウム炉も検討されていたが 1959.4取外されて大西洋に捨てられた)
 1957. 5.22
【米】 B-36 爆撃機 核兵器を誤投下
(ニューメキシコ州カートランド基地近郊,高性能火薬爆発,放射能汚染)

 1957. 7.28
【米】 C-124 輸送機 核兵器を投棄
(大西洋上でエンジン故障,核兵器の輸送中,2個,核兵器は発見できず)

 1957.10.11
【米】 B-47 爆撃機(核兵器搭載)墜落(フロリダ州,離陸中にパンクし炎上,高性能火薬爆発)

 1957.12.12
【米】 B-52 爆撃機(核兵器搭載)墜落
(ワシントン州フェアチャイルド基地,離陸直後)

 1958. 1.31
【米】 B-47 爆撃機(核兵器搭載)炎上
(海外基地,緊急離陸訓練中滑走路で事故,7時間炎上,高性能火薬爆発せず)

1958.1.31
【米】 B-47 爆撃機(核兵器搭載)炎上
(海外基地,緊急離陸訓練中滑走路で事故,7時間炎上,高性能火薬爆発せず)

 1958. 2. 5
【米】 B-47 爆撃機 核兵器を投棄(ジョージア州ハンター基地上空で空中接触事故,着陸不能となり 2,400mより海中投棄,核兵器は発見できず)

 1958. 3.11
【米】 B-47 爆撃機 核兵器を誤投下(サウスカロライナ州フロレンスの民家,高性能火薬爆発,事故後数ヶ月放射能汚染の検査が行われる)

 1958.11. 4
【米】 B-47 爆撃機(核兵器搭載)墜落
(テキサス州ダイヤーズ基地,離陸直後に炎上,核兵器 1個,高性能火薬爆発)

 1958.11.26
【米】 B-47 爆撃機(核兵器搭載)炎上(ルイジアナ州シェノート基地,核兵器 1個炎上)

 1959. 1.18
【米】 F-100 戦闘機(核兵器搭載)炎上(太平洋上の基地,左翼に核兵器が吊るされていた)

 1959. 7. 6
【米】 C-124 輸送機(核兵器搭載)墜落
(ルイジアナ州バークスディール基地,離陸直後墜落炎上,高性能火薬爆発せず)

 1959. 8.15
【米】 原子力潜水艦「ノーチラス号」冷却システム破損(水深 120mで作戦中,直径 10cmのパイプ,緊急浮上,2時間で修理,1954 の就航以来原子炉周辺で 24回の事故発生)

 1959. 9.25
【米】 P-5M 対潜哨戒機(核兵器搭載)不時着
(ワシントン州ピュージェット湾ウイットピー島沖,対潜核爆雷 1個を紛失)

 1959.10.15
【米】 B-52 爆撃機(核兵器搭載)墜落(ケンタッキー州ハーディンスバーグ上空,KC-135 空中給油機と衝突,核兵器 2個は回収された)

 1960. 6. 7
【米】 戦略ミサイル・ボマーク(核弾頭搭載)炎上(ニュージャージー州マク・ガイヤー基地,高性能火薬爆発せず,放射能汚染,電磁波による発火装置の誤動作説が有力)

 1960. 9.14
【米】 B-47 爆撃機(核兵器搭載)墜落(アイルランド付近の大西洋上,2機が空中衝突)

 1960.11.28
【米】 原子力潜水艦「ノーチラス号」冷却材漏洩(ニュー・ハンプシャ州ポーツマス造船所,6名被ばく?)

 1960.12. 3
【米】 タイタン(ICBM)地下サイロで爆発(カリフォルニア州バンデンバーグ基地,液体燃料補給中)

 1961. 1. 3
【米】 原子炉爆発事故(アイダホ州アイダホ・フォール付近,政府原子力委員会原子炉実験所,軍人 3名死亡,炉心の 20%溶融)

 1961. 1.19
【米】 B-52 爆撃機(核兵器搭載)空中爆発(ユタ州モンティセロ上空)

 1961. 1.24
【米】 B-52 爆撃機(核兵器搭載)空中分解
(ノースカロライナ州ゴールズボロ上空,墜落直前投下,24Mt 2個,1個の核兵器は 6重の安全装置の最後の 1個で危険を免れる,その後暗号電波による電子ロックが追加される)

 1961. 3.14
【米】 B-52 爆撃機(核兵器搭載)墜落
(カリフォルニア州ユバ上空,2個の核兵器は落下時に機体から外れたが爆発せず)

 1962
【米】 原子炉級プルトニウムによる核爆発実験(爆発したが威力は低い,プルトニウム240 による早期爆発)

 1963. 4.10
【米】 原子力潜水艦「スレッシャー号」沈没(ボストン東方 350Km,25,000m の海底で発見,オーバーホール後の潜航試験中,復水器用海水取入れパイプが破損して電気回路が故障し制御不能となり破壊深度に達する,129名死亡,1961。11.2 補助エンジン故障で全員待避が行なわれていた)

 1963.11.13
【米】 核兵器貯蔵庫で高性能火薬 56トン爆発
(テキサス州メディナ基地,放射性物質散乱)

 1964. 1.13
【米】 B-52 爆撃機(核兵器搭載)墜落
(メリーランド州アパラチア山脈カバーランド,核兵器 2個は無傷で回収)

 1964.12. 5
【米】 ミニットマン(ICBM)の再突入体(核兵器搭載)落下(サウスダコタ州ミサイル基地,再突入体の逆推進ロケットが発火しサイロ内の 22m下に落下)

 1964.12. 8
【米】 B-58 爆撃機(核兵器搭載)炎上(インディアナ州バンカーヒル基地,戦略空軍指令センター付近の滑走路上,核兵器 5発の 1部が炎上,放射能汚染発生)



 1965. 8.10
【米】 タイタンU(ICBM)発射台爆発
(アーカンサス州リトルロック基地,53名死亡)

 1965.10.11
【米】 C-124 輸送機(核兵器搭載)炎上
(オハイオ州ライト・パターソン基地,給油トレーラーから発火,放射能汚染発生)

 1965.12. 5
【米】 水爆搭載艦載機(A-4E)水没事故
(沖永良部島東方 300Km,空母タイコンデロガのエレベーターよりパイロット共滑落)

 1966. 1.17
【米】 B-52 爆撃機(核兵器搭載)墜落(スペインのパロマレス沖,空中給油機 KC-135 と衝突,
25Mt,4個の内 2個の通常火薬が爆発,放射能汚染)

 1966.12.12
【米】 B-58 爆撃機(核兵器搭載)墜落
(ケンタッキー州マッキニ付近,訓練飛行中)

 1968. 1.21
【米】 B-52 爆撃機(核兵器搭載)墜落(デンマーク領グリーンランドのツーレ米軍基地西方 11Kmの氷上,1.1Mt,4個,内 1個の高性能火薬爆発,プルトニウムが飛散,この事故後アメリカの「空中警戒態勢」は中止される,デンマーク政府は日本同様に非核政策を主張していたが日常的な空中警戒態勢を容認していた事実が 1996 に判明)

 1968. 5.21
【米】 原子力潜水艦「スコーピオン号」沈没
(大西洋アゾレス群島沖,99名死亡,原因不明,10月に海底 3,000mに発見)

1969. 1.14
【米】 原子力空母「エンタープライズ号」火災(ハワイ・オアフ島沖南西 120Km,艦載機が着艦時爆弾を落し爆発,11〜12回の誘爆,25名死亡)

 1969.11.17
【米】 原子力潜水艦「ガトー号」 ソ連潜水艦と衝突(白海入口,原子炉据付部で衝突,ガトー号将校はサブロックと 3発の小型核魚雷の発射用意を命令)

 1970.11.29
【米】 潜水艦母艦「カノバス号」(ポラリス・ミサイル積載)火災
(スコットランド・ホーリーロッホ港,原子力潜水艦 2隻接舷中)

 1971
【米】 原子力潜水艦「ウッドロー・ウィルソン号」 メルトダウン寸前事故
(グアム島アブラ湾,冷却システムの急激な圧力低下)

 1974. 5
【米】 原子力潜水艦「ピンタード号」 ソ連原子力潜水艦と潜航中に正面衝突
(ペトロパブロフスク付近)
 
1974.11. 3
【米】 原子力潜水艦「マジソン号」 ソ連原子力潜水艦と潜航中に衝突
(北海,マジソン号は 3mの損傷,両艦とも沈没寸前)
 
1975.10
【米】 潜水艦母艦「プロチュース号」故障 原子力潜水艦の 1次冷却水を大量に放出
(グアム島アブラ湾,海水浴場付近の港では許容量の 50倍の放射能を検出)
 
1976. 8.30
【米】 核貯蔵所で爆発事故
(ワシントン州リッチランドのハンフォード核貯蔵所,1名負傷,10名以上放射能汚染)

 1978. 5.22
【米】 原子力潜水艦「バファー号」原子炉冷却材流出(ワシントン州ブレマートンのピュージェット湾海軍造船所,燃料交換時 1次冷却水のバルブが誤って開かれ乾ドックに 500ガロンが流出)

 1978. 8.24
【米】 タイタンUの地下サイロで燃料漏れ
(カンサス州コーネル・ミサイル基地,発射司令室の 4名死亡)

*(1979. 3.28)
【米】 スリーマイル島原発事故発生(ペンシルバニア州サスケハナ川,炉心溶融事故,1次冷却水漏れを起こしたが補助ポンプ回路の弁が閉じられており作動せず,さらに緊急炉心冷却装置のスイッチが切られていた人為的事故)

 1980. 9.15
【米】 B-52 爆撃機(核兵器搭載)炎上
(ノースダコタ州グランド・フォークス基地,離陸準備中エンジン付近より出火)

1980. 9.19
【米】 タイタンUの地下サイロで爆発
(アーカンサス州ダマスカス基地,核弾頭を付けたミサイルが吹飛ぶ,1名死亡)
 
1980.10
【米】 FB-111戦闘爆撃機(核兵器搭載)墜落(ニューイングランド沖)

1981. 5.26
【米】 原子力空母「ニミッツ号」で艦載機(EA-6B)が着艦に失敗,炎上
(フロリダ沖,死亡した14名の内 6名の遺体から麻薬を検出)

 1981.11. 2
【米】 潜水艦母艦「ホランド号」 原子力潜水艦上にポセイドン・ミサイルを落下(スコットランドのホーリーロッホ基地,ミサイル移動中に 5mから落下,11発の核弾頭を搭載)

 1985. 8.27
【米】 核物質輸送トラックが貨物列車と衝突(ノースダコタ州,酸化ウラン,50本のドラム缶の内 30本分が現場一帯に散乱)

 1986. 9
【米】 核兵器生産工場の放射能汚染発覚(連邦議会会計検査院報告)

これ以降、事故関連の記事はない。

1992. 7. 2
【米】 新核政策を発表
(水上艦船,攻撃潜水艦等の海外核の撤去)








SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO