「命の値段」の格差

この事件が起きたときに、アメリカでこんな事故が起きたら幾らぐらい補償が出ますかと、ある人がアメリカ大使館の主要な人物に聞いたら、さあ三十万ドルくらいでしょうかというお話だった。
(石橋委員。のちの社会党委員長)衆-内閣委員会- 昭和39年04月10日

1ドル360円だから、およそ1億円である。これにたいして、
日本人の命の「賠償」が、ひとり、300万円だった。33倍である。
それも従来より大幅に引き上げられてこのレベルになった。

大統領はじめ軍幹部などからおわびがあったというが、
この両国の「命の値段」の格差をどのように認識していたのだろうか?




町田平和委員会トップページへもどる



SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO