「町田の米軍機墜落事件を記録する会」結成

2009/10/14 (Wed) 11:01:37

4月4日(日)、町田の米軍機墜落事件46周年で犠牲者の追悼をし、「町田の米軍機墜落事件を記録する会」を結成しました。今後、引き続き調査や冊子の発行などを通じて、事件を風化させずに粘り強く取り組む決意を新たにしました。

会則を決め、確認したことは次の通りです。
○わかりやすい小冊子の発行
○市や議会、議員など幅広くよびかけること
○現場または図書館などに「記念碑」や「説明板」を設置し、
○当時のことについて広報などで投稿をよびかけ、記録し、
○図書館や市民フォーラムに事件のコーナーを設置してもらう
○マスコミに働きかけ、広げていく。
○お墓参りなど犠牲者の追悼を行う。

代表世話人2名と事務局員3名を選出しました。

 参加者の中から、事件当日、
(1)原町田駅で目撃し直ちに現場にかけつけ、首まで土砂で埋まった方を夢中で救助し、放水でびしょ濡れになり家族の方に着替えをもってきてもらった;米軍がロープをはった後追いだされたような気がする
(2)当時、現場から2,3軒のところに住んでいた;神奈中の運転手さんがびっくりして飛び出してきた;現場の道路を歩いている人が四角のブロックが倒れて亡くなった、などのお話を伺いました。
 奥さんから、「今話さなければだめよ」と言われて参加して下さったそうです。

終了後、墜落現場に行き、黙とうした後、記念撮影をして散会しました。






町田平和委員会トップページへもどる



SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO