ヨーロッパかアジアから直接送るより合衆国から送る方が、
作戦や配備計画上何らリスクがないだろう


ライアン・ヘンリー国防省政策担当・首席副補佐官は、海外有事のため展
開する際、ヨーロッパかアジアから直接送るより合衆国から送る方が、作戦
や配備計画上何らリスクがないだろう、とのべた。
上院軍事建設・退役軍人問題歳出小委員会で
2005年10月24日のCongressDailyで
メーガン・スカリーが書いている。
http://www.govexec.com/dailyfed/1005/102405nj1.htm
より

October24,2005
海外基地小委、再配置のペースを憂慮

メーガン・スカリー、CongressDaily

海外基地委員会のメンバーは火曜日に、国防総省が今後10年以内に海外のおよそ7万の軍を国内の軍事施設に移動する計画であまりに拙速ではないか、との危惧を繰り返し表明した。

問題は、ペンタゴンが軍の国内流入に向け、住宅や訓練場を確保するため即刻かつ十分動けるか否か、軍が合衆国から外国の戦場まで輸送する適切な空・海軍の手段を持っているか否かだ、と委員は上院軍事建設・退役軍人問題歳出小委員会で述べた。

一方、ほとんどがドイツと朝鮮半島からの迅速な移動は200億ドルかそれ以上かかりかねず、「近代化と変化にたいし、十分な資金を供給する各軍の能力に悪影響を与えるかも知れない」とアル・コルネリャ委員長は小委員会で語った。

委員らはまた、拙速な再配置は、イラクとアフガニスタンへの度重なる派兵のため重大な難局に直面している軍隊の新人募集と慰留の努力を妨げるかもしれないと警告した。

小委員会のダイアン・ファインスティン筆頭委員(民主党-カリフォルニア)は、多くの委員らの懸念に共鳴しつつ、ペンタゴンが移動準備にあたり外交政策または「行き過ぎた目標」について十分考慮してこなかったことに留意した。

しかしながら、小委員会のケイ・べイリー・ハチソン(共和党-テキサス)委員長女史は、移動を遅らせると近代化の努力、および陸軍の、より素早い、旅団単位の部隊への再編を遅らせるだろう、と述べた。

机上では、軍事要員と家族にとって合衆国への帰国で「生活の質」が断絶することは無いだろうが、今後の諸計画への遅れの影響はより破壊的だろう、と彼女は語った。

米国防総省将校らは、彼らが国務省と共に海外基地計画を作成し、20の国について外交政策上の問題を記述したとのべた。

ライアン・ヘンリー国防省政策担当・首席副補佐官は、海外有事のため展開する際、ヨーロッパかアジアから直接送るより合衆国から送る方が、作戦や配備計画上何らリスクがないだろう、とのべた。

「不確実性は9/11テロ後の我々の世界戦略状況の一部だ」とヘンリーは言った。

彼は、ペンタゴンでは戦略的な航空・海上輸送の必要性についての改善案が、軍事能力、軍備態勢、および計画に関する大規模な「四年毎の国防見直し」が完成する来年早々作成されよう、とのべた。

議会は2004年に、米国防総省のグローバルな基地態勢計画の客観的で独立した分析を提供するために、6名からなる海外委員会を創設した。 委員会は、5月に議会と国防総省に仮報告書を提出して、8月15日までに最終報告書をまとめるだろう。

また、小委員会のメンバーは海外から軍の移動の全費用に関する懸念を表明した。

米国防総省は、総コストが90億ドルから120億ドルまで及ぶと見積もったが、政府会計検査院の評価は、200億ドル近くとみた。その多くが軍の作戦と維持支出会計から出るだろう。

防衛将校らは総費用が250億ドルにのぼりうると委員会でのべた、とコルネリャは語った。 そして、軍を合衆国に移動させれば長期的になにがしかの節約になると「想定するのが論理的だ」が、軍が合衆国内で在欧施設の多くを再建築しなければならないため、結局、節約額は大したことになるまい、と彼はつけ加えた。

「このすべてを、ほとんど只でやれるなんて言い通すことなどできない」とランドリュ−Landrieuメアリ上院議員(民主党-ルイジアナ州)は言う。

ルイス・カーティス副委員会は、適切な資金が軍の移動のために用意されないまま、米国防総省が現スケジュールに執着するなら、それは「予期しない結果を招くかもしれない」と述べた。

しかし、米国防総省の予定表や、軍隊の生活の質や運送能力への効果に関するいくつかの心配にもかかわらず、委員らは、グローバルな基地再編の前提や、軍隊再配置への米国防総省の願望には大いに同意すると強調した。




町田平和委員会トップページへもどる



SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO